読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

テレビやスマホは赤ちゃんの発達に影響するか?医学界まとめ

きっかけはある一言

妻と話していてうちの子は発達が順調。同じ月齢の子供に比べて少し、早いくらい。と言っていました。生後3か月にもう少しなるのですが、妻の産後の痛みやら諸々の事情でまだ里帰りしています。里帰りというより僕も居候しています。実家がいい理由としておばあちゃんがいつも息子に話しかけてくれているということもメリットとして挙げていたのを聞いて子供にはインプットが非常に重要なんだと思いました。しかし、同時に疑問が浮かびました。話しかけるということは、主に耳と目からのインプットです。それなら、テレビやスマホを見せるのと話しかけるのとは何が違うのだろう?しかし、テレビやスマホはよくないと世間からは言われがちです。この知識は陳腐化したものじゃないか?親に僕らがされていたしつけを鵜呑みにしているだけではないか?そう思い、現代の医学ではテレビとスマホと育児はどのように付き合っていけばいいのかについて調べてまとめました。

テレビで遊ぶ子供は増えてきています。

幼児健康調査によると1990年には3歳児の23.7%が、2000年は29.0%が「遊び」としてテレビ・ビデオを視聴していますが、2010年には56.8%に増加してきています。おとなしくいていてほしい時、テレビ、ビデオはそれに伴う悪影響も懸念されるようになってきました。 

医学系の各学会の動き

1999年に米国小児科学会は、2歳未満の乳幼児にはテレビ視聴を制限するよう提言しました。わが国でも2004年に日本小児科医会と日本小児科学会が、乳幼児期のテレビ・
ビデオの長時間視聴は親子の愛着形成を妨げ発達に悪影響を与えることを懸念し、相次いでテレビ・ビデオ視聴を制限する提言を行っています。一方で、日本小児神経学会はこれらの提言が子どもの発達における親子の愛着形成の重要性を指摘したとして評価したものの、「言葉の遅れや自閉症があたかもすべてメディアのせいのようにとらえている論評があるが、いまのところ十分な科学的根拠はない」と注意を喚起しています。

しかし、このころはまだ研究が始まったばかりでエキスパートとしての意見としてとらえられている状況でした。

2011年に再度提言が出ています。

2011年11月、米国小児科学会は最新の知見を踏まえ、改めて2歳未満の子どもの映像メディア利用に反対することを表明しました。当時からこれまでに得られた研究成果より、映像メディアの利用は、2歳未満の乳幼児の健康や発達にとって悪影響を及ぼす可能性は示されても、よい影響を示す報告はないと結論づけ、小児科医や養育者などへ注意を促しています。

1990年と比較して子供の発達の遅れが出てきている

乳幼児身体発育調査による言語機能通過率によると、1990年、2000年、2010年と徐々に通過率が低下していることがわかります。幼児健康度調査においても、調査年度によって少しずつ質問内容が変更されているので単純に比較することはできませんが、1~2歳にかけて言語、社会性、運動の項目で調査の年代を経過することに、通過率が低下している傾向がみられます。

ほかにもこんな調査も

ある調査でテレビ・ビデオ視聴が2時間以上の1歳6か月児では言語の、4時間以上の3歳児では社会性の発達が遅れていることがあきらかになりました。とくに1歳6か月児健診時に、「二つ以上意味のある単語を話す」ことを基準に言語発達の状況を調査では、2時間未満で2.1%)、2~4時間で45%、4時間以上で9.4%と視聴時問が長くなるほどにことばが遅れている幼児の割合が増加していると報告されています。

赤ちゃんだけに見せないのではない

この問題は時間を制限すればいいという単純な問題では実はないようです。NHKの調査で昼間におもに赤ちゃんの保育を担うママさんの視聴時間が長いと、その赤ちゃんの視聴時間も長くなるという結果が得られています。つまり、われわれ親も対応、姿勢を再考しないといけないのです。

最後に

スマホ育児はおそらく赤ちゃんを泣き止ませる最強のツールだと思います。しかし、発達面からは使用を控えたほうがいい、それよりは直接触れ合うべきものだとわかりました。しかし、直接触れ合えない余裕がないそういうときもあると思います。僕個人としてはこれらは使うときは使えばいいと思います。しかし、デメリットを理解しながらも必要に応じて使いこなしていかないといけないものだなと考えました。あと、頑張って話しかけよう。

 

勉強した論文

【しつけを科学する】 テレビ・ビデオ 子どもの健やかな発達とテレビ・ビデオ視聴(解説/特集)
Author:加納 亜紀(聖泉大学 看護学部), 高橋 香代
Source: チャイルド ヘルス (1344-3151)16巻3号 Page183-187(2013.03)