読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

発熱ってどういう理由なの?どうすればいい?理由から対策まで調べました。

子供が発熱

子供が発熱した。といっても37度後半。基本的には様子見ておけば問題ない。しかし、育児本には37度後半になったら入浴を控えましょうなど様々な言葉が踊っている。そもそも、発熱は体が必要だから熱が出ていると思ったし、考え出すといろいろ疑問がモヤモヤわいてきたので調べてまとめました。発熱はよくある話ですが、理由をしっかり知って子供のケアに一緒に役立てていただければ幸いです。

発熱はなぜ起こる?

風邪をひいて体温が上がるときにはサイトカインという体内の伝達物質が産生されます。サイトカインは体温調節中枢に働きかけます。その結果、皮膚血管の収縮やふるえ、発汗の抑制などによって熱産生が起こり、体温を高めます。

体温が防御反応として必要な体温(セットポイント)に達すると、その体温がしばらく維持されます。熱が下がるときには皮膚血管が拡張し、発汗させ、新たにセットされた体温まで下がり、いわゆる「平熱」に戻ります。

熱が上がるのにも理由がある。

発熱は細菌やウイルスの増殖を抑制するとともに、免疫能の活性化、とくにT細胞系の免疫を活性化させる働きがあります。免疫が活性化することで細菌やウイルスを駆逐するのです。

熱は41度を越えない?

感染症による発熱は生体防御反応の1つですので、緻密に脳によりコントロールされている症状のため41.5℃を超えることはありまぜん。それは脳内に安全弁として存在する解熱を促すペプチドが放出され、過度の体温上昇を抑制しているからです。

感染症による発熱は、生体防御反応によって緻密にコントロールされている、体にとって有利な高体温なのです。

ただし,熱中症や高度の脱水が存在するときには415℃を超え,生命が脅かされる可能性があります。

自宅ではどのようにすればいい?

発熱時に適した室温は、夏場は26℃~28℃、冬場は20℃~23℃程度ですが,湿度も気にするようにしましょう。子供のころ、発熱時に身体を毛布などでくるみ汗をかけと言われて温めてもらった経験がある方も多いと思いますが、体力の消耗に繋がりますので避けたほうが良いです。

発熱時は食欲が低下しますので心配するママさんも多いのですが、短期間に栄養障害は起こりません。発汗や不感蒸泄(気体となって体から出ていく水分)が増えていますので、十分な水分補給が必要です。

参考

赤ちゃんが下痢したら必ずしておくべきこと - 理系パパの育児学

解熱剤は使っていいの?

解熱剤は体温を数時間下げるだけで、病気を治す薬ではありません。しかし、体力の消耗を減らすために使用することは必要です。

ちなみに、体温を上げるために手足を冷たくし、‘ふるえ’によって体温を上げようとしているときに解熱剤を使用しても効果がありません。このような場合には保温し、高温に達し四肢が温まってから使用します。

解熱剤を使っても熱が下がらないときの対処方法

病気初期によくある話ですが、不安です。病院に行くが最善ですが、深夜などで対応がむつかしい時はアイスノンをタオルでくるんで太い血管が皮膚の表面を走っている足の付け根とわきを冷やしてあげてください。

お風呂に入っていけないの?

発熱時の入浴は控えるようにされてきましたが、これには日本の住宅環境の歴史があります。日本ではお風呂は不浄のもので屋外に造る時代がありました。また、すべての家にお風呂はなく、銭湯など外でお風呂に入り、家に帰るまでに冷えてしまっていました。家屋には暖房もなく、ふすまや障子のためすき間風が入り寒いので、お風呂で十分に温まる必要がありました。そのため、しっかりお風呂に入ると発熱時にお風呂で温まりすぎて体力を消耗し、症状が悪化することがあります。

発熱時にも身体の清潔は大切ですので全身状態が悪くない場合は、冬でも前もって部屋を暖かくしておけばシャワー程度の入浴は構わないと今は考えられています。

参考にした医学論文

小児感染症Q&A 発熱時の子どもの体温の温め方・冷やし方を教えてください(Q&A)
下村 国寿(下村小児科医院)
 Up-to-date子どもの感染症 (2187-7742)2巻2号 Page74-75(2014.12)