読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

ノロウイルスを徹底解説。パパの隔離は症状おさまってから48時間など

そもそもノロウイルスって何?

ノロウイルスは毎年11~1月に流行する、感染性胃腸炎の原因となるRNAウイルスです。1968年にアメリカで初めて発見され、その発見された地名から「ノーウォークウイルス」とよばれていましたが、2002年に国際ウイルス学会でノロウイルスと命名されました。

主にヒトの手指や食品などを介して感染し、おう吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こします。また、実は半分の人は症状が出ない不顕性感染ともいわれています。
ノロウイルスの治療薬や予防のワクチンはなく、特に抵抗力の弱い子どもやお年寄りは吐いた物を喉に詰まらせたり、肺に入って肺炎を起こして死亡するケースもあるので注意が必要です。

ウイルス学的な特徴

実はノロウイルスは人の小腸でしか生きれません。鳥が媒介するインフルエンザウイルスと違い人から人へしかうつらない病気です。人に感染するノロウイルスは遺伝子群はGⅠ群9種類、GⅡ群22種類の計31種類が分かっています。特にGⅡ4遺伝子のノロウイルスは変異を繰り返し流行の原因となっています。

ノロウイルスは免疫がつかない?

一般的にワクチンなどがないノロウイルスですが、4年から8年程度免疫が持続するのでは?と考えられています。しかし、遺伝子の変異によって獲得した免疫が役に立たない新型のノロウイルスが出現してくるために一度かかってもまたかかるということが起きてしまいます。

また、ウイルス粒子表面の微細な突起構造は、宿主の免疫からの圧力を常に受けることで、粒子構造上の制約の範囲内において自由にアミノ酸を変化させ抗原性を変えることにより、宿主免疫から逃れているというめんどくさい構造をしています。

感染力がすごい

ノロウイルスの感染力は非常に強く、感染者の吐物やふん便中に含まれる数百万~数億個のうち、わずか10~100個程度で感染すると言われています。

感染するとどうなる?

感染すると、1~2日で発症。吐き気、おう吐、下痢、腹痛などを引き起こし、発熱することはあっても、高熱になることはあまりありません。通常、これらの症状が1~2日続いた後、自然に回復しますが、高齢者や子供の場合は、1日に20回以上の下痢をおこし、脱水症状などで入院が必要となることがあります。また、感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。しかし、そんな人のふん便にも発症者と同じほどのウイルスが潜んでいるため、二次感染の予防対策に注意が必要です。

感染するとどれくらいの期間ウイルスを排出しますか?

感染すると子供は4週間、成人は3週間ウイルスが糞便の中に排出されます。

ノロウイルスの診断にはどのような方法がありますか?

ノロウイルスの診断方法として病院でよく使われるものはIイムノクロマト法という抗原抗体反応を利用した方法で約15分で診断することができ簡便です。検査の信頼性を測る感度は92%、特異度98%と非常に高い精度をほこります。検査は便からウイルスを検出することがメインですが、嘔吐したものからの検査では陽性率は50%くらいに低下します。

ノロウイルス診断法の問題点

ノロウイルスの集団感染の原因となっていたGⅡ4群の遺伝子型のノロウイルスに対しては検出キットは十分な信頼性を保てているといわれています。しかし、最近GⅡ17群のノロウイルスが増えてきていることが問題です。また、G Ⅱ17群に対する感度は30%と低く、ノロウイルスの確定診断がむつかしくなってきているのが問題です。

ワクチンの開発は?

現在、ノロウイルスの ウイルスの遺伝子を包み込むタンパク質の殻を構成するタ ンパク質だけを再現し、遺伝情報を含まないウイ ルス様粒子を用いたワクチンの開発が進んでいます。

家族がかかった場合どれくらい隔離すればいい?

  • 症状消失後、2日間経過するまで隔離する
  • 2歳未満の幼児は、症状が改善してから5日間経過するまで隔離する

のがいいようです。

手洗い大事

個人の感染予防対策として最も重要と思われるのが「衛生的な手洗い」です。手洗い
としては、石鹸による流水での2回手洗いがウイルス量を格段に減らすことが証明されています。石鹸による手洗いの際には、ウイルスを媒介する可能性があるため固形石鹸の使用でなく、液体石鹸の使用がいいとされています。

ノロウイルスの掃除方法

ノロウイルスは、ウイルス表面にエンベロープ脂質二重層の膜)を持たないウイルスのため、消毒薬に対する抵抗性が強い。ノロウイルス患者が使用した環境表面の清掃については環境表面の汚れを清掃後、200ppm次亜塩素酸ナトリウムで消毒することがいいとされています。次亜塩素酸ナトリウムは金属腐食性があるため、金属部分を消毒した場合には後で水拭きする必要がある。

 

  1. 窓を開け換気(空気中のノロウイルスの希釈)を行い
  2. 手袋、マスク、ビニールエプロンなどの個人防護具を着用
  3. 嘔吐物が飛び散らないようにペーパータオルなどで拭い取り
  4. 汚染した場所を比較的広範囲に1,000ppm次亜塩素酸ナトリウムを浸したペーパータオルなどを広げ10分ほど消毒する。

 

消毒時の注意点

次亜塩素酸ナトリウムで環境表面を消毒する際に注意すべきことは、消毒の前に十分に嘔吐物をしっかり取り除くことです。除去が十分でなかった場合、たとえ5,000ppmの次亜塩素酸ナトリウムであっても環境表面におけるノロウイルスを完全には駆逐できないことが報告されています。

ノロパンチ 400ml

ノロパンチ 400ml

 

 脱水の時は補水が大切。

下痢で脱水?どれ位飲ませる?小児科の脱水基礎知識を解説します。 - 理系パパの育児学

勉強した論文

【今年も感染症シーズンを乗り切る!現場の「あるある困った」すぐ解決!インフルエンザ&ノロウイルス対策ありがちトラブル&疑問18】 患者の隔離期間・職員の就業制限(解説/特集)
八木 哲也(名古屋大学医学部附属病院 中央感染制御部)
 INFECTION CONTROL (0919-1011)24巻11号 Page1021-1025(2015.11)

 

【今年も感染症シーズンを乗り切る!現場の「あるある困った」すぐ解決!インフルエンザ&ノロウイルス対策ありがちトラブル&疑問18】 隔離と環境整備(解説/特集)
葛原 健太(浜松医療センター 衛生管理室)
 INFECTION CONTROL (0919-1011)24巻11号 Page1026-1035(2015.11)

 

【今年も感染症シーズンを乗り切る!現場の「あるある困った」すぐ解決!インフルエンザ&ノロウイルス対策ありがちトラブル&疑問18】 ノロウイルスと免疫(解説/特集)
藤友 結実子(京都府立医科大学附属病院 感染対策部・感染症科), 藤田 直久
INFECTION CONTROL (0919-1011)24巻11号 Page1052-1053(2015.11)