読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

インフルエンザ予防のための加湿器の設定は?24度なら50%が目安です。

加湿ってどれくらい必要?

冬の空気は、乾燥しています。当たり前といえば当たり前ですが、乾燥していると肌も乾燥するし、インフルエンザなどの感染症のリスクも上がると言われています。そのため、加湿器を使われているご家庭も多いと思います。しかし、加湿器でどれくらいを目安に加湿したらいいのか?そこについて知らなかったので、今回はインフルエンザ予防のためには、加湿器でどの程度加湿すればいいのか?について勉強しました。

絶対湿度と相対湿度

相対湿度

ある温度の空気中に含みうる最大限の水分量(飽和水蒸気量)に比べて、どの程度の水分を含んでいるかを示す値で<%RH>で表します。一般的に湿度を表す時に使用します。

絶対湿度

湿り空気(一般に存在する空気)中の乾き空気(全て水分を含まない空気)1kgに対する水蒸気の重量割合を示し、<kg/kg'>で表します。

なぜ冬場は湿度が高くても乾燥していると感じるのか?

空気は、温度によって含むことの出来る水分量が変わります。 温度が上がれば空気中に含むことの出来る水蒸気量も多くなりますので、絶対湿度が同じでも、相対湿度は変わってきます。冬に外気の湿度が50%あっても乾燥していると感じるのは、空気中に存在する水分量が少ないためです。

インフルエンザはどれくらいの湿度で流行する?

気象庁の統計データを紐解いていくとインフルエンザの流行開始は、ほとんどの年度で絶対湿度6g/m3未満になった時におこることが分かっています。

インフルエンザが流行する絶対湿度6g/m3ってどんな環境

絶対湿度6g/m3は最低気温4℃に相当します。シーズンによる差は大きいですが最低気温4℃未満となってから平均4.2週でインフルエンザは流行開始し、さらに平均4.2週で流行ピークとなることが分かっています。流行の消失は、絶対湿度7.8g/m3あたりになることが分かっています。

加湿器での加湿の目安

絶対湿度なんでものは家庭環境で測定することは難しいです。また、加湿器のセンサーが相対湿度で設定されていますので、そのあたりが加湿を混乱させている原因だと僕は考えます。一般的には、気温21~24℃の快適な気温条件下では相対湿度を50%に保つことがインフルエンザ予防に効果があると言われていますのでそれを目安に加湿すればいいと思います。

象印 加湿器 スチーム式 加湿量480mL/h ベージュ EE-RL50-CA

象印 加湿器 スチーム式 加湿量480mL/h ベージュ EE-RL50-CA