読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

使い捨ておむつ替えシートはPIPBABYか日本パフどっちがいい?使い分けるのが正解です。

つかったもの

 使い捨ておむつ替えシート

使い捨てのおむつ替えシートはあかちゃんを連れて外出するときの必需品です。しか、この使い捨ておむつ替えシート赤ちゃん本舗などにいってもPIPBABY どこでも安心シートと日本パフの使い捨ておむつ替えシートの2種類しかありません。あるとかなり重宝するシートなんですが、以外と商品数が少なくてびっくりです。今回はそれぞれの特徴を紹介して行きます。

PIPBABY どこでも安心シート

PIPBABY どこでも安心シートは、おむつの吸水シートをシート状にしたタイプの使い捨ておむつ替えシートです。肝心の吸水性能は、最大200mlまで吸収するので安心です。ちなみにパンパースのSサイズは400mlくらい吸います。(自分で調べました。)

日本パフ 使い捨ておむつ替えシート

日本パフ 使い捨ておむつ替えシートは、先ほど紹介したPIPBABY どこでも安心シートと異なり、吸水性はありません。しかし、撥水性に優れているタイプのシートです。家庭で使うビニールのおむつ替えシートのイメージで使えます。

携帯性はドッチが優れている?

携帯性を重視されるなら日本パフ 使い捨ておむつ替えシートがオススメです。PIPBABY どこでも安心シートは吸水シートのため厚みがあり、かさばります。日本パフ 使い捨ておむつ替えシートは少し厚めの紙1枚の厚さなので全くかさばりません。

繰り返し使えるのはどっち?

我が家では汚れなければ、使い回しを両方とも行っています。

耐久性があるのは?

おむつ交換の時赤ちゃんは足をばたばたさせて暴れます。その時に、ずれが生じて摩耗してしまうことにより、シートはくたびれていきます。どちらかというと、PIPBABY どこでも安心シートの方が長く使えます。

PIPBABY どこでも安心シートの意外な使い方

ウチでは赤ちゃんのベッドにバスタオルを敷くのですが、さらにその下にPIPBABY どこでも安心シートを敷き込んで寝かせています。夜間の長時間寝たときにおむつの背中漏れに泣いたことはありませんか?ウチはあります。その時シーツ、ベッドのクッションなどを洗うのは非常に手間なので最終防衛ラインとしてPIPBABY どこでも安心シートを敷き込んでもしものときに備えています。

まとめ

しかし、この使い捨ておむつ替えシート2種類はコンセプトが全く異なる商品なのでそれぞれの特徴を理解して使い分けるが正解だと僕は思っています。

PIPBABY どこでも安心シート

PIPBABY どこでも安心シート

 

 

日本パフ 使い捨ておむつ替えシート

日本パフ 使い捨ておむつ替えシート