読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

離乳食開始期はどんな感じにしたらいい?(5ヶ月から6ヶ月)

離乳食

離乳食の疑問

もうすぐ5か月、そろそろ離乳食が始まろうとしています。母乳育児の呪いがやっと解け始めた矢先、事件はおきるはずです。料理はカップラーメンくらいしかできませんが、今回は始まる前からしっかり予習し、妻と対等いやそれ以上の知識をしっかり得て、妻の不安を少しでも解消したい。離乳食で落ち込まない、落ち込ませないを目標に頑張りたいと思っている所存です。ということで、離乳食開始時の5か月から6か月の医療系論文を読み漁りまとめたのでこれから離乳食をはじめるママさんたちと知識共有出来たら幸いです。

5ヶ月から6ヶ月目の目標は?

この時期は、赤ちゃんが口に食べ物を入れて

  • 口先からのど奥まで食べ物を動かして飲み込むこと
  • 食品の舌触り、味に慣れること

この2つが離乳食の目標になります。つまり、食べること、栄養補給することはまだまだ期待してはいけません。

離乳食の形態としては

  • なめらかにすり潰してポタージュくらい

が理想とされています。

どのように離乳食ははじめたらいいか?

離乳食開始時は

  1. 1日1回つぶし粥1さじ
  2. 慣れてきたら、ジャガイモや野菜類をプラス
  3. さらになれたらつぶした豆腐、白身魚などをプラス

のように開始していくと良いとされています。

上手く飲み込めるようになると食べる量は増えますが、消化管の発達が未熟なため、欲しがるだけあげることは控えましょう。

離乳開始1ヶ月目の目安は、おおよそ小さじ10くらいです。

果物などだけを欲しがる場合

果物など特定の品物だけを欲しがる場合は、お粥にジャガイモや野菜などを追加してみましょう。

どうやって食べさせる?

離乳食の食べさせ方は、下唇にスプーンの先を当てて口が開くのを待ちます。上唇で食べ物を取り込むのを待ってからスプーンを水平に抜きましょう。スプーンを奥まで入れてはいけません。

食べないからと言って心配しないで

母子手帳には離乳完了は1歳6ヶ月と書かれています。つまり、1年かけて1日3食にすればいいのです。母乳よりも闇は深くないですが、遅れているから心配とかそう言う悩みは必ずありますが、それでママさんが心配しすぎる事の方がお子さんに悪いと思います。大きく構えて離乳食は進めていって下さい。食べない赤ちゃんでも8ヶ月から10ヶ月以降は食べるようになることが多いようです。

果汁や白湯は必要なし

離乳準備の果汁、白湯はデメリットしかありませんので控えるようにしましょう。

194874.hateblo.jp

 十倍粥を食べない?それはなぜ?

一般的に十倍粥から離乳食は開始しますが、全く食べないという悲鳴は、離乳食開始時のよくある悲鳴です。これはデンプンの分解、消化に問題があります。ごはんのデンプンは、唾液のアミラーゼによりデキストリンやマルトースなどに分解し、甘み、旨味として伝わります。つまり、お米の味を感じるためには噛む作業が非常に大切なのです。

十倍粥では噛むという作業が省略されているために唾液と混ざらず、ただでさえ味が薄い十倍粥がさらに不味くなる食べ方をしているのですから当然と言えば当然かもしれません。ましてや、普段飲んでいる母乳より美味しいかどうか?そりゃ、赤ちゃんも飲みたがりませんって思います。

まず、野菜からあげるという工夫

赤ちゃんは生後3ヶ月には甘味、酸味、塩味、苦味、旨味の5つの基本味を感じることが出来るようになっています。離乳食に赤ちゃんが美味しいと感じる工夫をすることも大切です。野菜からあげるそれだけでいいんです。野菜にはそれ自体に旨味、甘味などがありお粥よりは味がします。

離乳食開始時期に良い野菜とは?

野菜と言っても色々な種類の野菜があります。ほうれん草、キャベツなその葉野菜はのどに張り付きやすいため離乳食にむいていません。

ジャガイモやサツマイモなどもざらつき感があるのか嫌がる赤ちゃんが多いようです。

離乳食開始時期にジャガイモのスープは離乳食開始時期に薦められますが、嫌がることが多いようです。また、ジャガイモの主成分はデンプンですので噛まないと旨味などが出てこないということも理由として考えられます。

オススメはニンジン、カブ、大根などです。しかし、すりこぎなどで粉砕してしまうとざらつき感が出てしまいます。生後6ヶ月になると顎が発達して舌と上顎で押しつぶせるので実は流動食である必要は厳密にはありません。薄く千切りにして昆布だしで煮て、煮崩れするくらいの柔らかさにします、手でつぶすとつぶれるくらいにすると、口に入れても問題有りません。この頃になると、授乳中に痛いと感じることが増えてくれると思います。つまり、それくらいの噛む力はあるのです。

日本母乳の会でも離乳食は乳首の硬さくらいからを推奨しています。

離乳食は薄味では本当?

離乳食は薄味するは本当ですが、味を付けてはいけないと勘違いしているママさんが非常に多いです。食べるということは、味を楽しむことにもつながります。少し、塩をひとつまみ足す、昆布だしを加えてみるなどしてきちんと味付けすることを心がけるようにすると、赤ちゃんは進んで離乳食を食べてくれるようになるかもしれません。