読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

突発性発疹について。最近ウイルスが分離され、少し環境が変わってきました。

周りで突発性発疹が増えてきた

うちの子供は、もうすぐ6か月になります。しかし、なんか最近同時期のお子さんたちが発熱が出たり、発疹が出た!などの話を聞きます。そして、小児科を受診すると突発性発疹と診断されているようです。今回は生後6か月から1年以内に多い突発性発疹についてまとめました。

突発性発疹とは?

突発性発疹は、38~39度ぐらいの高熱が3~4日ほど続き、熱が下がったころから発疹が現れる病気です。多少下痢気味になることもありますが、熱と発疹以外の症状は見られません。

突発性発疹の赤ちゃんは高熱のわりには機嫌がいい?

突発性発疹の赤ちゃんは、高熱がでている割には元気があり、比較的機嫌が良いことが多いとされています。

突発性発疹の赤ちゃんの発疹の特徴

熱が下がるころから胸やおなかを中心に発疹が現れ、全身に広がります。熱が下がってからの発疹が突発性発疹の特徴とされていますが、実は他のウイルス感染症でも中毒疹として発疹が出ることがあります。発熱しているのに発疹が出てきた、目が赤くなったり、口の中がただれていないかは注意して観察しましょう。

突発性発疹は2歳までに99%かかる病気です

突発性発疹は2、3歳までにはほとんどの子供が感染する病気で、そのうち6~8割の子供に症状が現れます(国立感染症研究所 感染症情報センターより)。感染症発生動向調査によると、突発性発疹の症例は0歳と1歳で99%を占めており、それ以外の年齢で発症することは稀ですが2歳以上でもかかることがあります。最近、小児科では突発性発疹の発症年齢が高齢化?していることが報告されています。

突発性発疹の経過

基本的には4日ほどで解熱し、自然に治ります。合併症でもっとも多いのが高熱による熱性けいれんです。しかし、極まれにですが、脳炎や脳症、劇症肝炎、血小板減少紫斑病などの重篤な合併症を起こすことがあります。赤ちゃんの様子がいつもとおかしい、足に紫色のぶつぶつができている、おしめについたおしっこの色などに注意してあげてください。

突発性発疹の時は保育所に預けていい?

突発性発疹はウイルスが原因の感染症の1つで、発熱中は周囲の子供にうつすことがあります。突発性発疹になった場合の保育園への登校の目安は「解熱後1日以上経過して全身症状が良い」ことです(厚生労働省「保育園における感染症対策ガイドライン」より)。

突発性発疹の原因ウイルスは?

突発性発疹はヒトヘルペスウイルスの6B型と7型という2種類のウイルスが原因となることがわかっています。最近、ヒトヘルペスウイスルの6型はAとBの2種類に分かれました。ヒトヘルペスウイルス6A型は、突発性発疹を起こすヒトヘルペスウイルスB型と遺伝子構造が似ていますが、ヒトヘルペスウイルスA型については、どのような病気を起こすのかはいまだはっきりしていません。1度感染すると抗体が得られますが、6B型と7型は異なるウイルスですので、2度突発性発疹にかかることもあります。

突発性発疹にかかりやすい時期は?

ヒトヘルペスウイルス6B型が原因として起こる突発性発疹は、産まれたときにママさんから受け取った免疫が弱まる生後6か月から1歳までが最も多いです。ヒトヘルペスウイルス7型が原因の突発性発疹は2歳から4歳ころが多いとされています。

突発性発疹の感染経路は?

感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染、感染者の唾液が口から入ることによる経口感染、皮膚や粘膜の直接的あるいは手などを通じた間接的な接触感染の3つがあります。ただ、感染力が弱いため、一般的には伝染病の扱いではなく、保育園内で流行することは通常ありません。

両ウイルスとも初感染以降は潜伏感染状態となり、断続的に唾液中から排泄されるので、過去に感染したことがある親や兄弟から感染する家庭内感染が多いと考えられています。感染力が弱いので、経口感染のような濃厚な接触機会がないとうつりにくいということです。

最近は、2歳以降でもヒトヘルペウイルス6型の初感染による突発性発疹が増えてきていると報告されています。この理由の一つとして、以前は離乳食開始時、口移しで離乳食を食べさせるということを行っていた時代がありましたが、最近はスプーンで離乳食をあかちゃんにあげることが主流になり、このような感染が減ってきているからではないか?と考えられています。

突発性発疹の治療は?

突発性発疹に対する特効薬はなく、突発性発疹であることがわかれば特に治療する必要はありません。また、ウイルスが原因ですので、細菌を叩く抗生物質をつかう必要もありません。

高熱が出れば小児科へ

突発性発疹は、発疹が出るまでは何の病気かはっきりとわかりません。そのため、高熱が出た場合は赤ちゃんの様子を見ながらかかりつけの医師の診察を受けるようにしましょう。

発熱の症状が現れている段階ではほかの病気の可能性もあるので、日本小児科学会「子どもの救急」で赤ちゃんの状態をチェックして判断しましょう。

小児科へ行くべき状態

  • 39度以上の発熱で、不機嫌でぐったりしている

  • 嘔吐や下痢を繰り返している
  • 顔色が悪く、苦しそうである
  • けいれんが止まらない
  • 呼吸がおかしい
  • 3ヶ月未満の乳児である

まとめ

突発性発疹は、解熱後の発疹で診断されます。6か月以降はママさんからの免疫が落ちている状態です。発熱は、突発性発疹以外にも様々な感染症で起こしうる症状です。発熱があれば、突発性発疹と決め打ちしないで受診することも大切です。

参考にした論文

ヘルペスウイルスの病態と自然史(会議録)
山田 雅夫(岡山大学 医歯薬学総合研究科病原ウイルス学)
 臨床とウイルス (0303-8092)43巻2号