読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

熱性けいれんについてガイドラインから解説します

病気について

熱性けいれんとは?

発熱により起こるけいれんのことを熱性けいれんと呼びます。熱性けいれんが起こる発熱は38℃以上で、起こりやすい時期は生後6ヶ月から6歳くらいまでとされています。

熱性けいれんはどのような症状?

熱性けいれんは予兆なく突然起こることが多いです。赤ちゃんが身体を硬くして手足がガタガタ震えます。目は上向きになり白目をむき、意識障害(呼びかけに反応せず、顔色が悪くなる)を起こすこともあるので、初めて熱性けいれんを起こすとパニックを起こしていまう人が多いです。

熱性けいれんはそこまでまれではありません

熱性けいれんは、生後6ヶ月から6歳くらいまでの子供が100人いれば数人に起きるもので、そこまで珍しい症状ではありません。また、熱性けいれんで後遺症が残ったり、死亡してしまったりすることはほとんとないとされています。

熱性けいれんが起こるメカニズムや原因は?

熱性けいれんのメカニズムはまだはっきりわかっていません。ただ、赤ちゃんは脳が未熟であるために起こると考えられています。

脳は、微弱な電流を使って指令を出します。しかし、熱の刺激に弱い赤ちゃんは、高い熱を出すと上手く脳の電流の調整ができなくなります。そして、筋肉に勝手な指令が出てしまい、けいれんが生じてしまうというのが一般的な推論です。

熱性けいれんは遺伝する?

熱性けいれんは遺伝することがあると言われています。家族内に熱性けいれんが起きた人がいれば、その赤ちゃんは熱性けいれんを起こす可能性が高くなるという研究報告もあります。ただし、遺伝がなくても起こることはあります。

熱性けいれんと間違われる可能性がある病気

熱性けいれんではなくても、何らかの刺激が脳に起こり、電流の調節ができなくなればけいれんは起こります。熱性けいれんと区別する必要なものとして以下のようなものがあります。

<熱がない場合>

  • てんかん
  • 良性乳児けいれん
  • 憤怒けいれん
  • テオフィリンなどの薬物によるものなど

 

<熱がある場合>

  • 脳炎や髄膜炎など
  • 下痢によるけいれん
  • 胃腸炎など脱水による電解質・低血糖など

 

けいれんの種類

熱性けいれんで起こるのは、強直性けいれんと間代性けいれんという2種類のけいれんです。

強直性けいれんとは

  • 身体が急にこわばり、手足がピーンとなる
  • 白目をむいて口から泡を吹く、息が止まることがある

間代性けいれんとは

  • バタバタと手足をばたつかせる
  • 顎がガクガク震える

強直性けいれんと間代性けいれんの両方が見られる場合と、強直性、間代性のどちらか一方だけがみられる場合があります。

熱性けいれんの種類

熱性けいれんは単純型熱性けいれんと複合型熱性けいれんの2種類に分けられます。

単純型熱性けいれん

  • 全身のけいれんが5分以内
  • けいれんは左右対称に起こっている
  • 発症年齢は6ヶ月から6歳まで
  • 意識障害や麻痺が残っていない
  • 24時間以内に2回以上けいれんが起きていない
  • 親や兄弟にてんかんの家族歴がない
  • 熱性けいれんを起こすまでに、神経症状や知的な障害がない

単純型は後遺症の心配がほとんどないとされています。

複合型熱性けいれん

単純型の条件に当てはまらないものを複合型熱性けいれんと診断されます。複合型は一回の発熱で何度もけいれんを起こす(群発)、発作後の意識が戻りにくい、37℃台の発熱でもけいれんを起こしやすい、年齢が高くなってもけいれんを起こすことがあるといった特徴があります。

対処法

熱性けいれんは、5分以内で自然になおる場合が多いです。また、数分で治まるけいれんの場合は、脳に後遺症を残したり、命の危険があったりするものは少ないとされています。

けいれんがみられた場合の応急処置

  • 首の周りなどを締め付けないよう、衣服を緩める
  • 平らなところに寝かせる
  • 嘔吐が見られる場合は、顔を左に向けて吐いた物が気道に詰まらないようにする
  • 口や鼻の周りの吐物を拭き取る
  • 診察時にそなえて、けいれんの様子(左右差)や持続時間、体温などを確認しておく

してはいけないこと

  • 大声で名前を呼んだり、身体を揺すったりする
    (刺激となり、けいれんが長引く場合があります)
  • 舌を噛まないように口の中に物を入れる

救急車を呼ぶ目安

熱性けいれんでは激しい症状が出ます。そのため、すぐに救急車を呼びたくなる気持ちはわかります。しかし、熱性けいれんの症状の多くは2、3分で自然に治まります。救急車が到着する頃には、何事もなかったようになっていることが多いす。あわてずに5分程度様子をみましょう。

救急車を呼ばなければいけない時もあります。発作が5分以上続く、発作がおさまっても意識の戻りや顔色が悪いことが目安になります。

熱性けいれんの治療

単純型熱性けいれんなのか、複合型熱性けいれんなのかで、治療内容が変わってきます。

単純型熱性けいれんの場合

けいれんが繰り返されていないか意識障害が起こってこないか、しばらく様子を見ます。それでも何も起こらなかった場合は、治療を行う必要はありません。

複合型熱性けいれんの場合

病院に到着した時にけいれんが続いている場合は、けいれんを抑える注射など、けいれんを止めることを第一目的とした治療がおこわなれます。

また、他の病気が隠れている可能性があるので検査します。

  • 血液検査:低血糖や電解質異常などが起きていないか
  • 脳のCTやMRI:脳出血や脳腫瘍などがないか
  • 髄液検査:髄膜炎や脳炎になっていないか

検査をしてもけいれんを起こす病気がなかった場合で、複合型熱性けいれんが過去に2~3回以上起きている時は、予防目的で抗けいれん剤の座薬(ダイアップ(ジアゼパム))が処方されます。

熱性けいれんの注意することは?

単純型の熱性けいれんの場合、けいれんの発作は1回だけで、その後起こらないことがほとんどです。そのため、日常生活で特別に注意するべきことはありません。

複合型の熱性けいれんを起こしたことがある場合、医師から処方された、けいれんを予防する座薬(ダイアップ(ジアゼパム))をいつでも使えるよう、外出時には持って出かけると安心です。

熱性けいれんのために解熱剤は使っていい?

熱性けいれん再発と解熱剤について「熱性けいれんガイドライン」では

  • 再発予防目的で使用は推奨されない
  • 解熱剤使用後の熱の再上昇による熱性けいれん再発のエビデンスはない

と記載されています。解熱剤は予防などの目的で使わないようにしましょう。

市販のかぜ薬は注意

市販のかぜ薬には第一世代の抗ヒスタミン剤(ポララミン、ペリアクチン)やテオフィリン(テオドール)が含まれています。これらの薬剤はけいれんを誘発する場合があります。風邪や鼻炎などでは市販薬は使わず、病院を受診しましょう。

予防接種はしていい?

熱性けいれんガイドラインでは現行の予防接種についてはすべて行って差しさわりないと記載されています。ただし、熱性けいれん後2から3ヶ月あけてから接種可能になります。熱性けいれんガイドラインには「状態により短縮可能」という記載もありますのでかかりつけの先生に相談しましょう。

また、麻疹、風疹混合ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンはそれぞれ接種後に発熱を副反応できたす可能性がありますので、ジアゼパムの予防投与を行うことがあります。

まとめ

熱性けいれんは

  • 発熱と連動してでてくるけいれん
  • 5分以内に治る可能性が高い
  • 予後のいい単純型なら再発することは少ない
  • 5分以上けいれんが続くようなら救急受診を考える

このような病気です。突発性発疹の時に出てくることも多いようですので注意が必要ですね。

参考にした論文

熱性けいれんガイドライン