読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

イオンの授乳室はスケールと身長計があってスゴイ便利

妻がイオンの授乳室に行きたいと言い出した。

休みのある午後、妻が「イオンに行きたい。」と言ってきた。結婚し、出産するまで「イオンなんてw」といっていた、女性の掌返しは怖いもんだと思った。いつか、僕への愛しているも大嫌いになるのかと恐れていたが、気がつくと愛してるってずっと言われていないなという事に気がついて悲しくなってきた。イオンに行くにあたって

「何買いに行く?」

と僕は普通の質問をした。そこで妻から意外な答えが返ってきた。

「授乳室に行きたい。」

予想外の返事が妻から返ってきた。授乳なんて家の方が落ち着くじゃん。そう思っていたが、どうやらお目当てはスケールらしい。

僕の考えていた授乳室のイメージ

男だし、当然は入る事が出来ないので授乳室は、ラーメン一蘭の味集中カウンターのようなパーテーションで区切られたスペースで豚骨ラーメンではなく、赤子と向き合うような場所を勝手に想像していました。奥には当然いけませんでしたが、おむつ交換スペースなどには男性でも入れます。ここで、ママに怒られながら準備を手伝うパパかささっと自主的に準備をするパパかという女性の静かな戦いの場でもありそうですが今回は割愛します。

イオンの授乳室にあるもの

イオンの授乳室には

  • おむつ交換台
  • スケール
  • 身長計

などが用意されています。スケールや身長計なんでいるの?って個人的には疑問でしたが企業プロモーションや相談会などが開かれている為にあるという噂です。

スケール目当てのママさんも意外といます。

長男を裸にして、スケールにのせて体重を測定するのですが、身長測っている間に他のママさんが数名並んでいました。タイミングが悪かったからかもしれませんが、結構体重量りに来られている方もいらっしゃるようです。

スケールは本当に便利

ウチは母乳の出が悪く、体重の増加が上手くいかない時期があり、妻がすごく心配していた時期がありました。スケール買おうかな?レンタルしようかな?と相談されたこともあります。ウチの場合は桶谷式マッサージに通うことになり、そこでスケールを測定していました。体重の増加が不安になる時期は1週間に1度くらい行ってみても良いかもしれません。

 まとめ

授乳室にスケール目当てで行くのは本来の意義と異なりますが、恐らくイオン側もスケール目当てに来店される方もいることを見越して解放していることが考えられます。もし、成長で不安があって、スケール買うのがもったいないなと思われている方はイオンに足を運んで測定してみるのも良いかもしれません。

お世辞にもイオンのおむつ交換台はきれいとは限りませんので、バスタオルを一枚持って行くと良いと思います。

194874.hateblo.jp