読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系パパの育児学

理系脳の育児学

離乳食前のスキンケアで口周りのただれが改善する?

f:id:tmura3:20170407064308j:image
息子が離乳食をはじめてから頬周り、顎下、首回りあたりが非常に荒れてきました。スタイでこまめに拭き、余裕がある時はお尻拭きで汚れをとるようにしています。お風呂上がりにはワセリンを塗るようにしていますが良くなったり、悪くなったりすっきりしません。そこで皮膚科の先生に相談したらいくつかアドバイスを頂き改善したので皆さんと知識をシェアしたいと思います。

何故口の周りは荒れるのか?

そもそも、口の周りは何故あれるのでしょう?よだれが垂れればスタイで拭いてもあれます。これは、よだれの成分が一部皮膚に残存していてそれで荒れているということでしょう。よだれは水ではありません。成分的にはかなり異なりますが、イメージとしてはポカリスエットみたいなものです。ポカリスエットを床にこぼして乾いた雑巾で拭いたらどうなりますか?薄く伸ばされてべたつく範囲が広がるだけです。つまり、よだれを雑巾でふくようにスライドして拭いたらダメなんです。

ポンポンと水分だけをピンポイントで吸い込ませるようにするのがコツです。

離乳食の場合もはじめるとき、赤ちゃんの興味を引くためによだれを出させようとします。

食べ物も当然ですが刺激性があります。

赤ちゃんは、皮膚が未熟なので食べ物の弱い刺激でもあれてしまうのです。

離乳食後ではなく離乳食前のスキンケア

離乳食を食べ終わった後、ティッシュで口周りを拭く、ワセリンやベビーオイルを塗るといったスキンケアをしている方は多いと思います。しかし、このスキンケアは正しいのですが、片手落ちだと皮膚科の先生は力説していました。実は、離乳食前のスキンケアが非常に大切だと力説していました。

離乳食前のスキンケアの意義

離乳食前のスキンケアがなぜ大切なのか?離乳食前に行えばいいのではないか?そう思われる方も多いかもしれません。しかし、離乳食前のスキンケアは、荒れている肌への刺激を少しでも減らしてあげるためのバリアとして保湿を行うという意味で非常に重要です。

離乳食前のスキンケアに向いている保湿剤

ワセリン

保湿の基本中の基本。低刺激な保湿剤の代表ワセリンが一番おススメされます。

サンホワイト P1

サンホワイト P1

 

 亜鉛華軟膏

実は、こっちのほうがおむつかぶれのひどい時などに病院で使用される軟膏です。バリアという観点からは非常に優秀な軟膏なんですが、少し乾燥よりに皮膚を向かわせますのでかぴかぴになったりします。また、洗い落としにくいので少し扱いが面倒です。個人的にはまずワセリンを試されてみてそれでもダメな時に試されるのをお勧めします。

【第3類医薬品】亜鉛華軟膏 50g

【第3類医薬品】亜鉛華軟膏 50g

 

 離乳食後のスキンケアも当然大切

当然ですが離乳食後のスキンケアも大切です。おしり拭きでしっかりと広範囲に拭いてあげてそのあとヒルドイド、ワセリンなど好みの保湿剤を塗るようにしてあげてください。

まとめ

離乳食前後のスキンケアを行うことでかなり息子の皮膚炎は改善してきました。口の周りの肌荒れに悩まれている方は是非一度試してみることをお勧めします。